ごあいさつ

日本学校教育相談学会     

岡山県支部 理事長 藤井 和郎

 

日本学校教育相談学会は平成2210日に発足し,岡山県支部も高橋長蔵先生を初代理事長として同年810日に設立しました。その後「日本学校教育相談学会第6回総会・研究大会」を岡山県で開催し,支部会員,県内の教職員の協力を得て,約1,000人の全国からの参加者のもと盛大に開催することができました。

 また,平成288月には,岡山で二度目となる「日本学校教育相談学会第28回総会・研究大会」をピュアリティまきびで開催し,全国から325名の方が参加してくださいました。大会運営に携わってくださった会員の皆様,本当にお世話になりました。

 さて,ホームページにも掲載していますが,岡山県支部のミッションを,学校教育相談体制づくりへの支援,教育相談コーディネーターの育成及び資質・能力の向上,学校カウンセラー・ガイダンスカウンセラーの育成及び資質・能力の向上としています。そして,活動方針として,研修,資格取得,調査研究,広報,学校支援の五本柱を設置して実施,支援などの活動に取り組んで参ります。詳しくは,こちらをご覧ください。

 ところで,学校教育相談を推進していくためには,生徒指導,特別支援教育の視点が必要です。また子どもたちを個の視点と集団の視点で見ることも必要ですし,心理教育的視点も必要です。学校教育相談の範疇がとても拡大しているとも言えます。学校環境を取り巻く社会情勢の変化の中,多くの先生方は粉骨砕身,日々の教育活動に当たっています。日本学校教育相談学会岡山県支部で共に学ぶ私たちが互いに助け合い,支え合っていきたいと考えています。

岡山県支部では正会員,学生会員だけでなく,支部独自で準会員の制度も設けています。多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。